福田農場では環境へのとりくみを重視し、各所にリサイクル・リユース品を使用しております
*HOME*サイトマップ*お問合せ|
トップページ→環境へのとりくみ

福田農場では、環境学習・リサイクル・リユースに積極的に取組み、園内の至るところでは再利用されたいろんな廃材を見つけることができます。
スペイン館前の枕木スペイン館前の中庭です。
こげ茶色のしましまが、線路の枕木です。
昔、JR鹿児島本線で活躍していた『JR山野線』の枕木の廃材を使っています。
ワイン樽でプランターワインの樽を真っ二つに切って作ったプランターです。
福田農場のいたるところで見ることができます。
季節ごとにいろんな種類の花が植えてあります♪
スペイン館スロープスペイン館内の『車椅子用スロープ(坂)』。
以前は階段しかなかったのですが、車椅子をご利用のお客様が少しでもお買い物を楽しめるように作られました。
滑り止めに使われているのはなんと日本瓦!!
スロープに日本瓦を横のスロープのアップです。
日本瓦をたててコンクリートに埋め込んであります。
天井の梁は古電柱。よく見ると小さい穴が開いていますこちらはスペイン館の天井の梁(はり)。
福田農場の建物の柱や梁は、ほとんどが古電柱でつくられています。今はコンクリートの電信柱しか見なくなりましたが、昔の電柱は木でできていたんですよ!
階段も枕木スペイン館2階に上る階段も枕木でできています。
使用済み耐火煉瓦これは中庭に埋め込んである、使用済みの耐火煉瓦(たいかれんが)です。わかりにくいですが、レンガには美濃焼きの『MINO』という文字が刻んであるんですよ〜。ご来園された時に探してみては??
パテオステージ横の壁も耐火煉瓦です。
渡り廊下はボーリング場のレーンこちらは工場の渡り廊下です。
写真中央に黒い丸が並んでるのがわかりますか?この廊下は、もとはボーリング場のレーンだったんです。黒い丸はボーリングのピンが並んでたところです。
テーブルに足踏みミシンを使用こちらはセビリア館。
セビリア館のテーブルは、足踏みミシンの廃材を再利用しています。ペダルははずしてあるけど、ミシンの面影が・・・懐かしいですね。
これらはほんの一例です。探してみるともっとありますよ♪

そのままでは使えなくなった古い物も、知恵をしぼり手を加えることにより、新たな価値あるものへと生まれ変わります。
福田農場では、パエリア作り体験を通して、食の大切さについて皆さんと一緒に考えます。
地元食材をメインとしたパエリアは福田農場の名物でもあります。
主に修学旅行の生徒さんたちに、パエリア作りを通して、スタッフも一緒に「食育」の勉強をします。
食事が終わったら、ゴミの分別をします。
ここ水俣では22種類の分別が必要ですが、生徒さんたちには最低の3種類をお願いしています。
一番大切なことは「分別をする」という気持ちだと思います。